WC #1

WCの開幕戦。
スタートの落車に加え、1周目の終える手間に強引に前に来た選手が、オーバースピードでコーナーで転倒し、僕も巻き込まれてしまう。
その影響で、前ブレーキレバーが折れてしまい、フィードゾーンまで後輪ブレーキだけで走り、メカニックにより、新たに直してもらえ、レースを再スタート。最後尾からのスタート。レースを終える事が頭をよぎるが。ここまでやってきた過程を自分自身で試して次に繋げよう!と切り替えて、再スタートし、レースは、−2LAPで終える。
幸いな事に、身体は、どこも落車により影響はないので、このモヤモヤとしている気持ちを今週にあるWC#2 で出して来ます。
皆さんの応援が励みになっています。引き続き応援の程、宜しくお願い致します。Never Give Up!!

日本を離れ、世界でレースを参戦している立場として感じている事を書きたいと思った。

すでに2018年のワールドカップと世界選手権大会の日程が発表になっている中、

今シーズンの日本のMTBレースカレンダーだと、折角の国内UCIポイントレースが、

ヨーロッパやアメリカのとても大切なレース時期と同じ日に行われていると言う事が、

とても多いです。気候的にも、日本ならば、もう少し考え、JCFなのか JMAなのか、各自治体なのか、

希望は、それぞれあるのだろうが、日本だけを考えていても、世界と戦って行く為には、

その場、現場と言う所へ実際に行かなければ、感じ知る事はできないと思う。映像は、簡単に見れれる時代だが、

生の動きとレースを知らなければ、強い日本選手が、これからどうやって生まれてくるのか?と本当に思ってしまう。

まず、日本のレースカレンダーのUCIポイントが付くレースだけでも来季に向けては、WCが無い(クロスカントリーの話)6月か、5月のヨーロッパでのWC2戦が続く前の段階で、連戦として行う事で、選手もスタッフも、より海外へ行きやすくなる。

それか、今年でいうと、9月にケアンズで世界選手権大会が行われる。その後に、日本で2週間連続UCIレースを開催するなどプランがあれば、日本経由でオーストラリアへ入る選手たちも増えてくると思う。

そして、間違いなく2020東京に向けて、海外選手たちが日本に来る2019年のオリンピックプレ大会。

それまでには、多くの選手たちが、日本のレースに興味を持ち出すだろう。

2018年から、ちゃんとプラン立ったレースカレンダーを作り上げる事により、より国際的なレースへと発展して行く事になるし、海外からの選手が来る事によって、さらなる意見交換や選手間のつながりができて行き、どこの国へレースに行っても、

顔なじみがいるっていう状況へと変わり、レースへ対してもストレスが減っていく状況となる。

もちろん、カレンダーは、その主催する人の想いがあるし、行政などの関わりもある事は、わかります。

しかし、母体となるJCFが、そこを整えて行く事で、行動の動きが、より国際的になって行く事に繋がると感じます。

 

そして、今後の日本ベースで行っている選手達の為にも、日本人の得意な計画をしっかりと立てる事で、

すばらしいレースが増えて行くと思います。

最後に、日本のMTBレースは、1つ1つのレースは、とても素晴らしく、どのレースでも、ちゃんと運営が

行われています。この流れを世界へアピールして行くタイミングが迫って来ているとヒシヒシ感じます。

どうにかして、運営側と選手側とが上手い関係を築き上げていき、ただ運営するのではなくて、そして、ただレースへ参加するのではなくて、競技スポーツとしての日本選手強化へと自然な力で皆で気がついたらのし上がっていた!と言う状況を作り上げたいです! 日本のパワーを世界へ見せつける時期が来ています!

独り言でした。

山本 幸平

 

改めて思う事

ここ最近の生活をして行く中で、改めて感じる事がある。

心技体のバランスが、とてもとても大切だと言う事。

簡単な3語だが、その深い意味は、本当に多くの事へ気を使い自分自身を知り把握しコントロールして行かなければ、

整って行く事すら感じられず、ただ調子が悪い、なぜだ?!と言う方向へ向かってしまう。

過去を振り返って見て、調子が良い時の事を考えるとヒントが沢山あるのも事実だが、注意しないと行けない事は、

過去の自分と今現在の自分は違うと言う事も理解して行かないと行けない難しさ。

練習がうまく行っていても、やる気や目標、バイクとの一体感や私生活の充実面、身体のバランス、栄養面とセルフケアと他者からのケアとアドバイスと実行。

考えれば考えるほど、深みにはまる事もあるが、それが今まで行って来た事で、継続していく事で、

ふといつの日か全てが繋がる日が来る!自然と溢れ出す勇気と生きる力!レースに対してのやる気と闘争心!

練習での満足感と感覚の研ぎ澄まされ度合い。

心技体

一人では、このバランスを整える事は、難しいかもしれない。

信頼出来る仲間からのアドバイスと実行力。

心無くして前進なし!

練習&練習と言う日々で自己満足しては行けないと言う事。

レースで勝つ事!目標を達成して行く事が本来の道筋であり、達成感がなければ成長なし!

今、僕は多くの気がつきがあり、日々進化をしているのを感じて生きている事が出来ている!

幸せだ!求める道へ自分に嘘つく事なく生きて行く!

ありがとう!

Rest Week

今週は、レースが無い週なので、ゆっくりと自宅で練習に励んでいます。

先週のレース内容と、その後の車の被害の手続きで、精神的ダメージが大きかったので、

体調の方も優れない数日間、練習の質も低くなってしまっていました。

しかし、今は、うまく切り替えることができ、来週から3連戦。フランスカップ(マルセイユ)UCI1

イタリアカップ(モンテキアッリ)UCI HC、スイスカップ(リベッラ)UCI1と,

良いレースが続きます。この3連戦で、自分自身、この冬場に行ってきた成果を見せる時だと思います。

WCまでの事も考えると、良いキッカケを作り上げておかなければ!と気持ちが高ぶります!

さー明日は、2部練とも追い込み日!レース以上の追い込みをして感覚を高めていきます!!

南アフリカでは、ケープエピックもスタートする日。また必ず出たいレースの一つなので、気になるな。

参加者、みんなの健闘を祈って、僕は、一人追い込みます。

では!

2戦目は、、、。

昨日は、今季の2戦目となる、ミラノ。UCI1カテゴリーという事で、

多くのトップ選手も来ていた。

先週のレースとは違い、ドライで激坂の続く高速コース。

レース時間も1時間11分で終えていた。ルール関係ないんかい!笑って思うけど、これ以上周回あるとペース落ちて押しちゃうかも!!ってくらい激坂。

スタートでのポジションはうまくいったが、そこからのペースを刻む事ができないで、後退して行く、

心技体のバランスが、まだ高い位置で持っていく事が出来ていないと感じる。

レースはレース。内容もそうだが、結果の世界。29位と言う、UCIポイント圏外である。

世界ランキングも気になるところではあるが、今は、その先も目標をしっかりと見つめて、

向かい日々高めていく事が第一優先。シーズンは始まったばかり!でも、走れるってレースからも感じなきゃって言う、

あせりも感じるのは確かな事。負けてられないぞ!

そして、昨日は、ミラノの市内でのレースだった。車の駐車には、3年前の盗難事件を経験しているからこそ、

注意して、止める場所とかまで確認していかにも関わらず、またしてもレース後にガラスを割られて、

物を盗まれると言う被害にあったしまった。

幸いな事に、貴重品は全て持っていたので良いが、ここまでするのか?!と思いたくなる出来事で、

自分自身に対しても情けないし、苦しいし、人間不信にもなるよ!

レース後に、ミラノ警察所へ行き、事件の文章作成もしないといけないので、一人では大変だったが、

改めて、海外で活動していく上での気持ちの持ちようを学んだ機会となった。

ここでも、負けてられないぞ!と本気で思った!

イタリアよ!頼むぞ!

そして、まだ遠征は続くので、再度、注意して移動して行きたいと思います。

21位

開幕戦は、とても厳しい結果となりました。

自分でも残念な事があり、すっきりとしないまま終えた感じです。

泥の中での走りができた事が、素晴らしかった事で、バイク操作とペダリングを学べた。

細かな事、たくさん感じています。

しっかりと修正と削除をして、今週のミラノで再挑戦です。

 

https://www.facebook.com/kohei.yamamoto.fan.club/videos/vb.547434178728650/798868206918578/?type=2&theater&notif_t=like&notif_id=1488674367413969

2017年 開幕戦へ行ってきます。

2017年のUCI ,MTBレース。ぼく自身の開幕戦へ行ってきます。

場所は、イタリアのVeronaという町。

毎年、この開幕戦の迎える数日間がワクドキだし、レース勘が戻っているか?とか、

自分の調子は?とか自転車との相性は?と色々と考えてしまう。

その中でも、プラス思考と強気と冷静さ。なぜ僕はレースへきているのか。

スポンサーのお陰で活動が出来ていること!

レースは、土曜のPM2時30分。

しっかりとオフに行った事を出していき、必ずWCで一桁ゴールやれるという事を感じ取り、

ゴールラインを通過して帰ってきたいと思う。

では、遠征へ行って参ります。

KOHEI

休養日

スイスに来て4日目、休養日となった本日は、久しぶりの家事も行う事になった生活リズムを快適に過ごす為の準備をしました。
練習から始まり、食事と家事。なんだか昔を思い出す!
ギラギラしていた時期とは違うが、ここに戻ってきて、蘇る気持ちがある事に感謝だ。

環境が人を変えるって良く言葉を聞くけれど、本当にそうだと思う。
もちろん、その環境って何?とも思うが。関わる人々や気候条件、食文化、加えて、自転車への理解度もある。

時は流れるが、成長は無限大。
ポジティブシンキング〜!!

ヨーロッパ生活 スタート

今日からヨーロッパ生活の始まり。

空気と水、そして、車の運転の流れも速く、生活リズムと食文化がとても合う。

さー、ワクワクして毎日を生きて、成長すくすくしちゃいます。

刺激

今日は、世界戦前の大切な練習日。

先週の乗り込みからの疲労も残りつつの精神的にも身体的にもバランスを求められる練習内容。

完璧とイメージ通りだ!とは言い切れないものの、確実に確実に進化しているし、成長ある走りが出来ているのは間違いないのを感じて終えることが出来た!

午後からのウエイト練習も重さもしっかりと上がり、今は、良い疲労感に包まれており、しっかりと来る3週間連続レース期間へ向けて整ってきました!

1 世界選手権大会 チェコ nove mesto na

2 WCスイスlenzerheide

3 全日本選手権 長野県富士見パノラマスキー場

リオまで9週間!

自分自身が納得いく日々を過ごしていきます!

1 2 3 4 9