優勝で終えました。

2017年シーズン最終戦を優勝で終える事が出来ました。

UCI C1クラスでの優勝なので、ポイントも獲得に加えて、僕自身の来季への活動へのパワーになる勝ちとなりました。

世界選手権大会後は、このレースまで、モチベーションを保つのが難しかったのですが、

レースは、日本代表の監督、雷太さんとメカニック小林さんのサポートのお陰で、レースを走りきる事が出来ました。

これで、シーズンを終えましたが、すでに来季へのモチベーションが心の中で燃えています!

まずは、ちょっとだけ休憩して、心身ともに休み、来季の活躍する為にまた練習に明け暮れる日々にしていく為に整えていきたいと思います!

今年も、本当に応援ありがとうございました!!!!!!!

山本 幸平

2017年シーズン最終戦へ

世界選手権大会を42位で終えた先週。

モチベーションを保つのがギリギリな状況での過ごし方とバイク状況の発見、明日が、今年最後のレースとなります。

東ティモールのDILIでのUCI1クラス。

日本代表として挑むレースとなり、クロスカントリーの強度と共に今年を振り返れる時間としたいと思います。

今年の僕の競技成績が、とても厳しい状況だったのはなぜか?それは、考えすぎても良くないが、

正直になって自問自答を行えば、答えは簡単に見えてくるということ。

このままでは、絶対に終わらない!と心の底から思えます。

何が何でもWCでの一桁ゴールを達成したいです。

明日は、正直どんな走りができるのか。イメージが良くないですが、まだスタートまでは時間もあるので、

ちゃんとゴールまで気持ちが切れない様に作り上げたいと思います。

書いているうちにも色々と想いが湧いてきますが、また日本に帰って、改めて書いていきたいと思います。

少し早いですが、今シーズンも応援ありがとうございました。

山本 幸平

出発 世界選手権大会へ

いよいよ明日から2017年の世界選手権大会へ日本選手団の一員として移動開始!です。

僕自身、今のできる最高の走りをしてきます!力を出し、今年感じなかったゴール後の達成感を身体の底から感じ取る事が目標です。その走りでゴールライン通過した時は、どんな順位が待っているのか?!楽しみです!ワクワクです!

レースは、チームリレー水曜日(参加予定)、土曜日エリート男子日本時間13時30分スタート予定

いってきます!

枠なんか!

昨日は、自分の為に動いた日!

世界選手権大会直前に、静岡まで日帰りを決行!

朝練を済ませて、高まる興奮と共に

向かうは、数々のオリンピックメダル獲得アスリートと会社経営者のメンタル指導を行っている、

株式会社サンリ取締役 臼井さんのお話を聞きに行く為である!

多くのアスリートとアスリート関係者や社長さんが参加されており、とても良いエネルギーと向上心、

やろうじゃないか!と言う輪を僕自身は感じました。

話の内容も今の僕にドツン!とストライク!!と言う言葉が何個もあり、紹介スピーチでは、なぜか涙が出てしまうという

感情があふれてしまいました。自分自身でも驚いていますが、ここ最近の僕のモヤモヤとしている空気感を

日々のワクワクと枠なんか無い!Freedam!!何も知らずフランスへ向かった時の思い。

何をするにもワクワク、ドキドキして過ごしていた僕、いつからか慣れとなり喜怒哀楽する思いも薄れてしまっていた。

夢を持ち共に発言をし共にワクワクで楽しく世界チャンピオンを取る!そして、マウンテンバイクという、

僕の大好きなスポーツを日本、そしてアジアの練習環境整備と普及活動、そして、競技力向上へ繋がるように、

僕は、東京オリンピックで金メダルを取ります!

2017年8月28日 山本 幸平

発見多い!!

プロになってから10年目の夏を迎えている。

日本で夏を過ごすのも、なんだか久しぶりだ!レースもないので、気持ち的には、余裕を持って生活ができている。

しかし、蒸し暑いのなんの!!長野県松本市にアパートを借りて住んでいるのだが、朝か夕方でないと走れません!

毎日5時起きです!

週末になると、お祭りが多いですね〜!あと数年したらお祭りへも行く事ができる時間と余裕ができると思う。

金魚すくいもしたいな!型抜きも!

って、感じで、日本で練習を行っているのですが。

とても大切な発見があり!自分でも驚く程の感覚の変化です!発見です!発見!

やはり、極限まで追い込まないと感じ無い感覚と動き。身体の空間と角度。

眠っていた神経にグイグイと入り込み!いやー!!いい!!んだな!!これが!!

この発見を、これから毎日行って行けば、必ず世界選手権では、今年一番の走りができます!

早く明日にならないかな!!また、あの感覚を味わいたい!!

Do it !! Kohei.

今日は、全日本選手権大会を終えてから、初のインターバル練習。

午前の練習は、強度ある刺激に対して心身共に負けてしまう。

午後は、気持ちを新たに乳酸と友達になった!

人は心の考えようで変われるんだ!って思えた前進ある日となった。

 

今日からは、世界選手権大会へ向けての強化練習を本格的に開始!

ここから、どこまで自分と向き合えるかどうか!自分自身でも楽しみである!

ワクワクで過ごしていくぞー!!

2017年 全日本選手権大会 

たくさんの応援とサポートの中、2017年も日本一になれました。

皆さんの応援がなければ、ここまで気持ちを高めて走る事ができなかったです。

応援ありがとうございました。

 

ジュニアクラスでは一度も勝てませんでした。

U23クラスでは、3度勝ち、そのままエリートでも9度目の優勝です。

来季はV10

そのために、今僕ができる事といえば、それは、本気で人生設計を作り上げる事でしょー。

曖昧な想いのままで過ごしてしまった、今シーズン前半が、今の僕の走りとなり、結果として出ております。

このままでは、ギラギラと闘争心ある走りとエネルギーに満ち溢れる日々にはならないでしょー。

世界選手権大会まで、目標を定め、それに向けて過ごしていく事とオフシーズンへの想いや来季へ向けての動きなど、

自分なりにまとめて行く事で見えてくるが沢山あると思います。

世界大会で8位以内に入る事。ただそれだけなのです!

WC #1

WCの開幕戦。
スタートの落車に加え、1周目の終える手間に強引に前に来た選手が、オーバースピードでコーナーで転倒し、僕も巻き込まれてしまう。
その影響で、前ブレーキレバーが折れてしまい、フィードゾーンまで後輪ブレーキだけで走り、メカニックにより、新たに直してもらえ、レースを再スタート。最後尾からのスタート。レースを終える事が頭をよぎるが。ここまでやってきた過程を自分自身で試して次に繋げよう!と切り替えて、再スタートし、レースは、−2LAPで終える。
幸いな事に、身体は、どこも落車により影響はないので、このモヤモヤとしている気持ちを今週にあるWC#2 で出して来ます。
皆さんの応援が励みになっています。引き続き応援の程、宜しくお願い致します。Never Give Up!!

日本を離れ、世界でレースを参戦している立場として感じている事を書きたいと思った。

すでに2018年のワールドカップと世界選手権大会の日程が発表になっている中、

今シーズンの日本のMTBレースカレンダーだと、折角の国内UCIポイントレースが、

ヨーロッパやアメリカのとても大切なレース時期と同じ日に行われていると言う事が、

とても多いです。気候的にも、日本ならば、もう少し考え、JCFなのか JMAなのか、各自治体なのか、

希望は、それぞれあるのだろうが、日本だけを考えていても、世界と戦って行く為には、

その場、現場と言う所へ実際に行かなければ、感じ知る事はできないと思う。映像は、簡単に見れれる時代だが、

生の動きとレースを知らなければ、強い日本選手が、これからどうやって生まれてくるのか?と本当に思ってしまう。

まず、日本のレースカレンダーのUCIポイントが付くレースだけでも来季に向けては、WCが無い(クロスカントリーの話)6月か、5月のヨーロッパでのWC2戦が続く前の段階で、連戦として行う事で、選手もスタッフも、より海外へ行きやすくなる。

それか、今年でいうと、9月にケアンズで世界選手権大会が行われる。その後に、日本で2週間連続UCIレースを開催するなどプランがあれば、日本経由でオーストラリアへ入る選手たちも増えてくると思う。

そして、間違いなく2020東京に向けて、海外選手たちが日本に来る2019年のオリンピックプレ大会。

それまでには、多くの選手たちが、日本のレースに興味を持ち出すだろう。

2018年から、ちゃんとプラン立ったレースカレンダーを作り上げる事により、より国際的なレースへと発展して行く事になるし、海外からの選手が来る事によって、さらなる意見交換や選手間のつながりができて行き、どこの国へレースに行っても、

顔なじみがいるっていう状況へと変わり、レースへ対してもストレスが減っていく状況となる。

もちろん、カレンダーは、その主催する人の想いがあるし、行政などの関わりもある事は、わかります。

しかし、母体となるJCFが、そこを整えて行く事で、行動の動きが、より国際的になって行く事に繋がると感じます。

 

そして、今後の日本ベースで行っている選手達の為にも、日本人の得意な計画をしっかりと立てる事で、

すばらしいレースが増えて行くと思います。

最後に、日本のMTBレースは、1つ1つのレースは、とても素晴らしく、どのレースでも、ちゃんと運営が

行われています。この流れを世界へアピールして行くタイミングが迫って来ているとヒシヒシ感じます。

どうにかして、運営側と選手側とが上手い関係を築き上げていき、ただ運営するのではなくて、そして、ただレースへ参加するのではなくて、競技スポーツとしての日本選手強化へと自然な力で皆で気がついたらのし上がっていた!と言う状況を作り上げたいです! 日本のパワーを世界へ見せつける時期が来ています!

独り言でした。

山本 幸平

 

改めて思う事

ここ最近の生活をして行く中で、改めて感じる事がある。

心技体のバランスが、とてもとても大切だと言う事。

簡単な3語だが、その深い意味は、本当に多くの事へ気を使い自分自身を知り把握しコントロールして行かなければ、

整って行く事すら感じられず、ただ調子が悪い、なぜだ?!と言う方向へ向かってしまう。

過去を振り返って見て、調子が良い時の事を考えるとヒントが沢山あるのも事実だが、注意しないと行けない事は、

過去の自分と今現在の自分は違うと言う事も理解して行かないと行けない難しさ。

練習がうまく行っていても、やる気や目標、バイクとの一体感や私生活の充実面、身体のバランス、栄養面とセルフケアと他者からのケアとアドバイスと実行。

考えれば考えるほど、深みにはまる事もあるが、それが今まで行って来た事で、継続していく事で、

ふといつの日か全てが繋がる日が来る!自然と溢れ出す勇気と生きる力!レースに対してのやる気と闘争心!

練習での満足感と感覚の研ぎ澄まされ度合い。

心技体

一人では、このバランスを整える事は、難しいかもしれない。

信頼出来る仲間からのアドバイスと実行力。

心無くして前進なし!

練習&練習と言う日々で自己満足しては行けないと言う事。

レースで勝つ事!目標を達成して行く事が本来の道筋であり、達成感がなければ成長なし!

今、僕は多くの気がつきがあり、日々進化をしているのを感じて生きている事が出来ている!

幸せだ!求める道へ自分に嘘つく事なく生きて行く!

ありがとう!

1 2 3 4 10