Asian Championships in Cebu

アジア選手権大会を終えて、日本に帰国しました。

結果は、優勝する事が出来ました。

昨年出場しなかった為、連覇と言う表現では無いのですが、出場中9連覇目となりました。本当にタフなレースでした。2位となったイラン人の諦めない走りで15秒前後の差で周回を重ねて行き、最終回の中盤で、ようやく差が広がって勝利する事が出来た我慢大会で勝ち取れた、自信になる走りでした。現場にいた人にしか見えない部分での過酷な環境下で日本スタッフは連日の徹夜作業とサポートに徹して頂き、最小限のストレスでスタートからゴールまで駆け抜ける事が出来ました。多くのレースに参戦して来ましたが、今回のレースまで迎える様々なストレスは、自分だけでは、どうする事も出来ない予想以上に消耗してしまう日々。家族とチームのサポートと応援してくれている方々がパワーを送ってくれたからこそ!最後まで自分に負けない走りでゴールラインを通過する事が出来ました。本当に、ありがとうございます。来年は、レバノンでのアジア選手権大会予定です。今から楽しみです!

今後は、今週のCoupe du Japon Yawatahama 

来週ワールドカップ ドイツ アルブスタッド 

再来週ワールドカップ チェコ ノベメスト

大移動ばかりなので、心身共に強く引き締めて挑み楽しみ目標達成で過ごして行きます!!!

kohei


E3DCCD6F-81C8-4278-9738-78F3E9E1A2D3 8BC0EA61-D8CE-4F3E-8910-30B96E781023 1379368E-D3B1-40B1-A38C-943ADC4D5439

Photo:中川 裕之

アジア選手権大会へ行ってきます。

昨年は、出場を辞退してワールドカップでの成績を出す事に集中した。しかし結果は裏目に出てしまい。アジア選手権で獲得していた国際ポイントも減り世界ランキングは落ちる所まで落ちてスタート位置の悪さに苦労しました。

しかし今年は、もう一度アジア選手権に出場をする事が出来るチャンスを与えてくれた日本チーム。

9連覇から10度目の優勝を必ず勝ち取って再びアジアチャンピオンとしてのタイトルと実力を見せつけて来ます。今は、ただゴールまで自分と戦い合う時間が訪れる来週日曜日が待ち遠しいです!何が何でも前でゴールして来ます!!

応援よろしくお願いします。

Tokyo 2020 選考方法発表

http://www.uci.ch/newsletter/National_Federations_Newsletter/43_OlympicApril/Tokyo2020OlympicGames-QualificationSystem-MountainBike-EN.PDF

 

国際自転車競技連盟から東京2020オリンピックの選考方法が発表になりましたね。

あとは、日本自転車競技連盟が、どの様な選考基準を発表するか楽しみですね!

僕は、ぶれる事なく、世界チャンピオンになり事を目標に突き進みます!

🚲ショートクロスカントリー レース

42C53F7C-4BEE-46EF-9E77-825B305E66C4


写真提供:ジョージ ムラカミ

 

スタート位置が後ろからで、15分ちょっとのレースでは前方で行く事が難しく、先頭集団に追いついた時点でラスト2周となり、スプリント参加出来ないままのゴール

 

調子は上がって来ているので!

今週もリズム良く過ごしてレースで想いをぶつけて暴れたいです!!

US Cup Fontana 結果

ロサンゼルス近郊のフォンタナという街でのUCI HC クラスのレース

1周目は位置取りで後退をして先頭集団から少し遅れて進む。2周目でリズムを取り戻して単独6位で走っていましたが、メカニカルトラブルで走行不可能になりレース終了

なぜ?この様な事態が起きたのか?!

 

自問自答をして、この様な場面は絶対起こさない様に対策をしていく事!

心に決めました!

たち止まっている時間はありません!

自分自身を信じ!そして応援して頂いている方々への気持ちも力にして次戦に備えます。

今日はショートクロカンレース参加します。ここで昨日の想いをぶつけます!

ロサンゼルス到着

72F2EA8C-3727-426B-8906-CC1CAE3616CCロサンゼルス到着!

 

予定通り皆に合流出来て、生活スタイルは、村上さんのお陰でスムーズに初日を終えました。さー明日からロサンゼルス近郊で調整して土曜日のレースへ向けて過ごして行きます!

リニューアル ホームページ

山本 幸平のホームページを読んでくれている皆様へ

 

いつも、応援ありがとうございます。

長い間、更新を途絶えてしまった事、申し訳ありませんでした。

オフィシャルブログなのに、情報を提供できていなかった事、僕自信の考えの甘さからの出来事です。

これからは、色々なSNSが出来た今だからこそ、また改めて、このブログを通じて僕自信が感じている事を

伝えていければと思います。どうか、変わらない熱い声援とご指導を皆さま、よろしくお願いいたします!

2018年4月2日 山本 幸平

 

1 2 3 4 5 12