ロサンゼルス到着

72F2EA8C-3727-426B-8906-CC1CAE3616CCロサンゼルス到着!

 

予定通り皆に合流出来て、生活スタイルは、村上さんのお陰でスムーズに初日を終えました。さー明日からロサンゼルス近郊で調整して土曜日のレースへ向けて過ごして行きます!

リニューアル ホームページ

山本 幸平のホームページを読んでくれている皆様へ

 

いつも、応援ありがとうございます。

長い間、更新を途絶えてしまった事、申し訳ありませんでした。

オフィシャルブログなのに、情報を提供できていなかった事、僕自信の考えの甘さからの出来事です。

これからは、色々なSNSが出来た今だからこそ、また改めて、このブログを通じて僕自信が感じている事を

伝えていければと思います。どうか、変わらない熱い声援とご指導を皆さま、よろしくお願いいたします!

2018年4月2日 山本 幸平

 

来季へ向けて始動!

オフに予定していた全てのイベントを終えて、拠点である松本市へ帰って来ました。

ここから、来季へ向けての本格的な練習開始です!

今シーズンは、僕自身の想いとは裏腹に噛み合わない日々となってしまいました。

しかし、これも全て僕自身の行動で起きた出来事ですし、すべて僕自身の責任での結果です。

振り返りとプラン修正を行えたオフ。今は、しっかりと前をみて、自分自身と向き合う事ができる覚悟が出来ました。

今年のケアンズでの画像を見返しても、闘志がみなぎり、イメージが湧き上がる自分がいます!

さー、新たな自分と向き合える事をワクワクしながらテンション上げて生きていきます!

 

幸平

高めていこう!

本日は、今頃、沖縄にて敬子の引退セレモニーが行われている。

16年間、トライアスロン選手として、素晴らしい仲間に囲まれて家族の応援にも恵まれて競技をよく頑張ったね。

お疲れ様です。

 

僕は、松本市にてローラー台とコアトレ、そして、明日の東京にて大切な打ち合わせの準備と気持ちを整え、

自問自答をして振り返りを行った。

シンプルに、僕の夢を伝えていこうと思います。

人生は、やるかやらないか!どちらかだけ!

やる!

幸平。

 

 

ご報告

皆さまへ。

 

ご報告があります。

2017年10月11日に、山本幸平と田中敬子は入籍致しました。

本日から2人で力を合わせ、更なる高みを目指し成長していきたいと思います。

今後とも、ご声援の程、宜しくお願い致します。

Kohei and Keiko getting married,

Thank you for everyone making ours great time!!

                                              山本 幸平

敬子

2017年 ファンクラブ イベント

2017年のファンクラブ限定イベント、東京と十勝、共に無事に開催する事ができました。
一人一人の心に残るお言葉が、これからの僕の競技人生への力となり、成長した姿と共に世界で勝てる姿をみせたいな!って心から思いました。
この2日間が、この冬への大きなモチベーションとなり、来季への活躍へと繋がります!
参加されたみなさん一人一人に感謝し、また来年もお互いが成長した姿で再会できる事を願い。

ファンクラブの役員皆様のご協力がなければ、開催する事ができませんでした。ここに感謝の想いも重ねます!
ありがとうございます!

山本 幸平

優勝で終えました。

2017年シーズン最終戦を優勝で終える事が出来ました。

UCI C1クラスでの優勝なので、ポイントも獲得に加えて、僕自身の来季への活動へのパワーになる勝ちとなりました。

世界選手権大会後は、このレースまで、モチベーションを保つのが難しかったのですが、

レースは、日本代表の監督、雷太さんとメカニック小林さんのサポートのお陰で、レースを走りきる事が出来ました。

これで、シーズンを終えましたが、すでに来季へのモチベーションが心の中で燃えています!

まずは、ちょっとだけ休憩して、心身ともに休み、来季の活躍する為にまた練習に明け暮れる日々にしていく為に整えていきたいと思います!

今年も、本当に応援ありがとうございました!!!!!!!

山本 幸平

2017年シーズン最終戦へ

世界選手権大会を42位で終えた先週。

モチベーションを保つのがギリギリな状況での過ごし方とバイク状況の発見、明日が、今年最後のレースとなります。

東ティモールのDILIでのUCI1クラス。

日本代表として挑むレースとなり、クロスカントリーの強度と共に今年を振り返れる時間としたいと思います。

今年の僕の競技成績が、とても厳しい状況だったのはなぜか?それは、考えすぎても良くないが、

正直になって自問自答を行えば、答えは簡単に見えてくるということ。

このままでは、絶対に終わらない!と心の底から思えます。

何が何でもWCでの一桁ゴールを達成したいです。

明日は、正直どんな走りができるのか。イメージが良くないですが、まだスタートまでは時間もあるので、

ちゃんとゴールまで気持ちが切れない様に作り上げたいと思います。

書いているうちにも色々と想いが湧いてきますが、また日本に帰って、改めて書いていきたいと思います。

少し早いですが、今シーズンも応援ありがとうございました。

山本 幸平

1 2 3 4 5 12