WC 開幕戦

72位でのゴール。

wcは、やはり、少しの隙があるだけで、差が生まれてしまう。

強く前に向かうために過ごして行く事が必要!

今週は、第2戦ドイツ、アルブスタッドです。

photo:@mdelormephoto

mdelorme_05242015-00287

Ready to go

日本からとスイスからも応援来てくれました〜♩明日力を出す時です!photo: @mdelormephoto


You Can Do It,Oh!Yes!I Can Do It.
 Believe in Bikes.

Czech Prague

昨日は、プラハ市内でのレース。
 結果は、45分でレースを降りました。
 ドロミテマンレースでのカヤック担当、安藤太郎さんも丁度プラハ滞在中とのことで!プラハのレースを応援しに来てくれました〜!
 日本代表メンバーの選手紹介してくれて、良い出会いとなりました。次は、僕が応援行かないと!応援ありがとうございました!


セルジオと僕。スタート前


ゴール地点の風景
 有名な場所で観光客でいっぱい
 


日曜日のレース写真も。


You Can Do It,Oh!Yes!I Can Do It.
 Believe in Bikes.

レースレポート CZECH MTB CUP#2 PRAGUE UCI C1

CZECH MTB CUP#2 PRAGUE UCI C1

結果:9位 UCIポイント12獲得

チーム所属:TrekfactoryRacing 

個人スポンサー:Oakley,Savas,Ergomotion,SpiroTiger

▪︎今週は、身体の回復期間に時間を掛けて、ここチェコに来た。

心技体のバランスは、整いつつあるのを感じてのスタート。

良い気が回っている。スタートから前々で展開していく事を意識して進むが、

皆考えは同じで勢いもある。先頭に、数名が行って、その後の4位~10位くらいまでのライダーが集団で展開をしていく、身体もよく動いてくれて、走りの内容的にも追い込めている、しかし、ラスト3周回を残し、下り区間で、ラフな路面に前輪を滑らせて、転倒してしまう、そこから、リズムを崩しつつ、精神面も高まりきれていない僕がいた。

ラストまで、追い込み倒す事が、次の成長へと繋がる事。

その場で出来ないと、今後も出来ない事。

転倒も、イメージトレーニングによって、防げる事。

少しのミスが、大きな差となり、結果となってしまう事。

今の僕に掛けている物を感じ取り、そこを埋めて、整えていく事と自分にしか出来ない大切な事も信じて、それを実行していく継続性。あきらめる事は、僕の向かう道ではない!

明日、プラハでのレースを走り、いよいよW杯が開幕する。

チームと共に高め合って、全力で過ごして行きます。

一桁でゴールする事をイメージして!

山本 幸平

レースレポート フランスカップ#3

Coupe de France#3 Ploeuc-sur-Lié

結果:11位 UCI C18ポイント 獲得

チーム所属:TrekfactoryRacing 

個人スポンサー:Oakley,Savas,Ergomotion,SpiroTiger

▪︎シーオッタークラシックから3週間、

この期間は、とても上手く噛み合わない日々へとなってしまいました。

落車で、肩と腕を強打、そして、転倒時にもらってしまったであろう、肌荒れる植物の液。

痛さと湿疹によるかゆみと熱を受けてのアメリカから日本、そして、フランス移動と練習の質は高めることが出来ないで、ここまで、来てしまっています。このままでは、何の為にヨーロッパへ来て、

過ごしているのかが、疑われてしまうし、自分自身でも嫌になってしまう気持ち。

しかし、そんな中でも、必ず強くなれるし、気持ちを明確に持ち、それに対して、真っ向に向き合っていけば、何かの形で反応が現れる。

気持ちが高まりきれていないのを感じての、

フランスカップへと行ってきた。

このレースは、自分なりにもいろいろとあった出来事を、言い訳を理由に、転倒なく、スムーズにレースを終えて走りきれれば良いのだよ、その中で、感じることができれば良いと言っていた僕がいた事実。

スタートから、身体の掛かりが悪い。切れ味がないダラリとした走り。シュパシュパとしていない感じ。これは、練習の内容的にも予想できるが、もっと身体を上手く使えれれば、早く進ませることができるのに、そこまで、身体を上手く使える部分まで持っていくことが出来ないで、進む。

10位前後を行ったり来たりする。3周目を終えるまでは、トップから1分遅れと聞き、ここから上げていけば、まだまだいける状態、しかし、心技体のバランスが整っていない証拠、高まり切っていない身体では、そんな走りは出来ない。自分自身、とても悔しい思いがレース中に感じてしまう。

この考えが出ている段階で、レースを真剣に戦っているとは言えないですよね。

最終ラップへ入り、4人パック、ペースを上げていく、一番のポイントとなる長い登りで、ペースダウンしてしまう、踏み倒せていない。そこからは、ゴールを目指す走りとなり、11位でゴールすることとなった。

アメリカで得た事を、このレースでは、あまり出す事が出来なかった。

フランス人の文化や走り方も、勉強になる事が多い。

いろいろと思う事もあるが、wc開幕まで2週間を切りました。

今できる事を真剣に、大切に、そして、何に向かって行きたいのか?!

それを、言い聞かせて過ごしていき、気持ちを全面にレースで出していく事をイメージし、

これから、過ごしていきます!

こんなにも、素敵な生活とサポート、仲間がいる事に感謝をして、全力で生きて行く事!!

ありがとう!!

山本 幸平

フランスカップ

約2年ぶりのフランスカップ。
 11位でした。
 ディーゼル車みたいな走りで、
 追い込み倒せない身体の調子でした。
 詳しくは、レースレポートにて。
 よろしくお願いします。
 
 
 
 You Can Do It,Oh!Yes!I Can Do It.
 Believe in Bikes.

自問自答の日々

アメリカ最後のレース時の転倒で、またリズムが整っていないのを感じての、

日本とフランス移動。

そして、新しい環境での、ストレスも無くと言えば嘘になる日々。

シーオッターで転んだ時にもらってしまったであろう、ウルシかぶれも未だに完治しない。

初めての全身に湿疹ができちゃった。かゆいのなんのって!

初めてフランス生活を始めた頃とは、明らかに気持ちの面での持ちようが変わってしまっている僕。

何に対しても初!だった事でのワクワク感や驚きの連続だった生活が、今では、経験している事ばかりとなり、

それでの精神面での変化が薄れてしまっている。しかし、

がむしゃら心。何くそ魂!これは、プロとして活動していく上では決して忘れてはいけない事だと改めて思い過ごしている今日この頃。常に挑戦する心、闘争心、成長しなきゃと言ういい意味での焦り。

人生とは一度きりだと言う。

自問自答し、正直な心で、素直に言おう。

何を求めて生きるのか?

W杯と世界選手権大会での一桁ゴール!

やはり、これが、僕の生きている意味だと今は言える。

もっと上を目指しなさい。っと思う方も居るだろう。

それは、それとして。

僕の心は、一桁ゴールなのだ!その先に何があるのか知りたいのだ。

今年からは、同じ地域にコーチが住んでいる為、OLIVIERコーチと共に練習する機会が増えたのもカギとなる。

細かな表現を会話するよりも、実際の身体の動きや状態、精神面も含め、コントロールして過ごしていく事で、

その時は、必ずやってくる!

自問自答しよう!必ずやってくる!

心から思う事!必ず!

さあ、今週は、フランスカップ、そしてチェコカップとプラハ町でのクリテリウム、

そして、W杯が始まる!3週間を切った今。

信じて前に前に進んでいくよ!

 

11182259_1005980359419999_3230441466539156977_n

KOHEI

新たな家族!

兄とえりなさんの子供、女の子が無事に産まれたよ〜!っと報告が入りました!!

これで、僕も、なんとオジさんとなった!!

こんなにも刺激的な出来事とは、今までは考えたことなかったけど、

命が誕生するって事は、ものスゴイ事なんだなと知りました。

日本に帰って、会える日を楽しみにしています!

にいちゃん、えりなさん!おめでとう!

11053170_911743415534299_3760634400975178464_n

フランスは

やはり、フランスはフランスだ!
 何を言っているんだ?!と言う人もいると思いますが、何度来ても、独特の感性と文化があると感じる。
 でも、嫌いじゃない。
 やるかやらないかは、僕次第で、勝ちたいのか勝ちたく無いのか?
 それを言い聞かす事の出来る場面が多くあるのが良い!
 さー、強くなるために生きなきゃ!
 
 
 You Can Do It,Oh!Yes!I Can Do It.
 Believe in Bikes.

遠征用

この遠征バッグ。
 オークリージャパンよりサポートされたキャリーバッグ。
 量も入るし、硬く安定した作りに加え、軽さとデザイン性。
 遠征が楽しくなるアイテムをサポートして頂き、有難い事です!
 世界中、このキャリーバッグと共に飛び回るぞー。
 


You Can Do It,Oh!Yes!I Can Do It.
 Believe in Bikes.

1 4 5 6 7 8 9 10