レースレポート フランスカップ#3

Coupe de France#3 Ploeuc-sur-Lié

結果:11位 UCI C18ポイント 獲得

チーム所属:TrekfactoryRacing 

個人スポンサー:Oakley,Savas,Ergomotion,SpiroTiger

▪︎シーオッタークラシックから3週間、

この期間は、とても上手く噛み合わない日々へとなってしまいました。

落車で、肩と腕を強打、そして、転倒時にもらってしまったであろう、肌荒れる植物の液。

痛さと湿疹によるかゆみと熱を受けてのアメリカから日本、そして、フランス移動と練習の質は高めることが出来ないで、ここまで、来てしまっています。このままでは、何の為にヨーロッパへ来て、

過ごしているのかが、疑われてしまうし、自分自身でも嫌になってしまう気持ち。

しかし、そんな中でも、必ず強くなれるし、気持ちを明確に持ち、それに対して、真っ向に向き合っていけば、何かの形で反応が現れる。

気持ちが高まりきれていないのを感じての、

フランスカップへと行ってきた。

このレースは、自分なりにもいろいろとあった出来事を、言い訳を理由に、転倒なく、スムーズにレースを終えて走りきれれば良いのだよ、その中で、感じることができれば良いと言っていた僕がいた事実。

スタートから、身体の掛かりが悪い。切れ味がないダラリとした走り。シュパシュパとしていない感じ。これは、練習の内容的にも予想できるが、もっと身体を上手く使えれれば、早く進ませることができるのに、そこまで、身体を上手く使える部分まで持っていくことが出来ないで、進む。

10位前後を行ったり来たりする。3周目を終えるまでは、トップから1分遅れと聞き、ここから上げていけば、まだまだいける状態、しかし、心技体のバランスが整っていない証拠、高まり切っていない身体では、そんな走りは出来ない。自分自身、とても悔しい思いがレース中に感じてしまう。

この考えが出ている段階で、レースを真剣に戦っているとは言えないですよね。

最終ラップへ入り、4人パック、ペースを上げていく、一番のポイントとなる長い登りで、ペースダウンしてしまう、踏み倒せていない。そこからは、ゴールを目指す走りとなり、11位でゴールすることとなった。

アメリカで得た事を、このレースでは、あまり出す事が出来なかった。

フランス人の文化や走り方も、勉強になる事が多い。

いろいろと思う事もあるが、wc開幕まで2週間を切りました。

今できる事を真剣に、大切に、そして、何に向かって行きたいのか?!

それを、言い聞かせて過ごしていき、気持ちを全面にレースで出していく事をイメージし、

これから、過ごしていきます!

こんなにも、素敵な生活とサポート、仲間がいる事に感謝をして、全力で生きて行く事!!

ありがとう!!

山本 幸平

フランスカップ

約2年ぶりのフランスカップ。
 11位でした。
 ディーゼル車みたいな走りで、
 追い込み倒せない身体の調子でした。
 詳しくは、レースレポートにて。
 よろしくお願いします。
 
 
 
 You Can Do It,Oh!Yes!I Can Do It.
 Believe in Bikes.

自問自答の日々

アメリカ最後のレース時の転倒で、またリズムが整っていないのを感じての、

日本とフランス移動。

そして、新しい環境での、ストレスも無くと言えば嘘になる日々。

シーオッターで転んだ時にもらってしまったであろう、ウルシかぶれも未だに完治しない。

初めての全身に湿疹ができちゃった。かゆいのなんのって!

初めてフランス生活を始めた頃とは、明らかに気持ちの面での持ちようが変わってしまっている僕。

何に対しても初!だった事でのワクワク感や驚きの連続だった生活が、今では、経験している事ばかりとなり、

それでの精神面での変化が薄れてしまっている。しかし、

がむしゃら心。何くそ魂!これは、プロとして活動していく上では決して忘れてはいけない事だと改めて思い過ごしている今日この頃。常に挑戦する心、闘争心、成長しなきゃと言ういい意味での焦り。

人生とは一度きりだと言う。

自問自答し、正直な心で、素直に言おう。

何を求めて生きるのか?

W杯と世界選手権大会での一桁ゴール!

やはり、これが、僕の生きている意味だと今は言える。

もっと上を目指しなさい。っと思う方も居るだろう。

それは、それとして。

僕の心は、一桁ゴールなのだ!その先に何があるのか知りたいのだ。

今年からは、同じ地域にコーチが住んでいる為、OLIVIERコーチと共に練習する機会が増えたのもカギとなる。

細かな表現を会話するよりも、実際の身体の動きや状態、精神面も含め、コントロールして過ごしていく事で、

その時は、必ずやってくる!

自問自答しよう!必ずやってくる!

心から思う事!必ず!

さあ、今週は、フランスカップ、そしてチェコカップとプラハ町でのクリテリウム、

そして、W杯が始まる!3週間を切った今。

信じて前に前に進んでいくよ!

 

11182259_1005980359419999_3230441466539156977_n

KOHEI

新たな家族!

兄とえりなさんの子供、女の子が無事に産まれたよ〜!っと報告が入りました!!

これで、僕も、なんとオジさんとなった!!

こんなにも刺激的な出来事とは、今までは考えたことなかったけど、

命が誕生するって事は、ものスゴイ事なんだなと知りました。

日本に帰って、会える日を楽しみにしています!

にいちゃん、えりなさん!おめでとう!

11053170_911743415534299_3760634400975178464_n

フランスは

やはり、フランスはフランスだ!
 何を言っているんだ?!と言う人もいると思いますが、何度来ても、独特の感性と文化があると感じる。
 でも、嫌いじゃない。
 やるかやらないかは、僕次第で、勝ちたいのか勝ちたく無いのか?
 それを言い聞かす事の出来る場面が多くあるのが良い!
 さー、強くなるために生きなきゃ!
 
 
 You Can Do It,Oh!Yes!I Can Do It.
 Believe in Bikes.

遠征用

この遠征バッグ。
 オークリージャパンよりサポートされたキャリーバッグ。
 量も入るし、硬く安定した作りに加え、軽さとデザイン性。
 遠征が楽しくなるアイテムをサポートして頂き、有難い事です!
 世界中、このキャリーバッグと共に飛び回るぞー。
 


You Can Do It,Oh!Yes!I Can Do It.
 Believe in Bikes.

試されている!

日本に帰ってきて、行うことを行い、いよいよフランスへ飛び立つ時が来ました!

なかなか想像とは違う事もあり、スムーズに練習の質を行うことができていないですが、

それも、考え次第と僕次第。受け取り方一つ変えることによって、

行動も発言も変わっていく思う。

チームメイト達からのパワーも力となる!

行ってきます!!

IMG_0512

帰国

本日、無事に日本帰国。
 そして、空港にて早朝5時からカイロプラクティック治療ジョーさんの治療を受けて、落車の影響を診察と整えてもらいました。
 自分では、出来ないケアを、ジョーさんの治療で整い、回復をいち早く出来る様手助けしてもらいました。
 さー、数日間でやるべきことやるぞ!
 


You Can Do It,Oh!Yes!I Can Do It.
 Believe in Bikes.

レースレポート

US Cup #4 Sea Otter Classic

結果:クロスカントリー19位

   ショートクロスカントリー5位

チーム所属:TrekfactoryRacing 

個人スポンサー:Oakley,Savas,Ergomotion,SpiroTiger

▪︎今回は、通常のクロスカントリーコースとは、少し違った感じでレースが行われました。

1周約30kmを2周回で争うレース。MTBマラソンレースに近い感じでレース時間も普段よりも長い2時間位で争いました。

コースは、ハイペースな区間が多く、路面も硬くしまった乾燥した路面で、レース展開と位置取りで、

大きくパワーを使う部分が変わりました。

スタートから前前で展開をして行き、調子は、あまり良くないのを感じてのレースとなっていましたが、他のライダーも、どこかお疲れモードに見えたので、自分にも必ずチャンスがあると言い聞かせて2周目に入りました。そして、位置取り争いも上手く行き、高速なシングルトラック区間で、

大きなミスを犯してしまいました。5番目を走っていたのですが、高速コーナー開けにあった、木へ左から激突してしまい、身体とバイクも両方にダメージを受けてしまいました。

すぐに走り出して、前を追うのですが、どうしても、心技体のバランスが崩れてしまい、レースで勝つ意欲が失われてしまいました。

身体が痛いのですが、レースを辞める事は、頭からは出てこなかったので、ゴールを目指しました。

チームメイト、Sergioと共にグループで走って行き、後半は、彼のサポートを受けながら走って行き、最後の最後まで、気を抜くことなく、ゴールした事、彼の背中から感じることがあり、刺激となったレースとなった。

勝つためには、本当にまだまだ準備する事が必要ですね。そして、自分を信じて細かな事でも継続する事が大切。精神面でも、純粋な心で、全てを自分なりに考えて、その上で納得し理解して行動と発言をして行く事で、パワーアップして行くのだと勉強になりました。

▪︎ショートクロカンは、クロスカントリー前日に行われました。

こちらは、全戦、表彰台に上っており、レース展開で負けることは無いと言う自信もあり、

位置取りの部分でも良い位置で展開して行き、最終ラップへ、勝つための踏み所の場面、踏み負けてしまう、この部分の練習を行うことで、また、強く、そして、勝つための走りが出来ると感じた5位となった。調子は、上がっているので、身体を回復させて、そこからやるべきことを行うしかない!

やる!

山本 幸平

シーオッター クラシック

昨日のクロスカントリーは、自分のミスで、2周目の高速下りコーナーで、

木に激突して、先頭集団から遅れてしまい、その後、身体に力が入らなくなり、

チームメイト、セルジオと共にゴールをして、レースを終えました。

19位。詳しくは、レースレポートにて更新致します。

 

そして、これにて、アメリカ遠征を終えて、一時帰国し、フランスへ飛び立ちます。

この経験を生かして、また強くなった走りをする為に、強い想いを持って過ごしていきます!

 

1 4 5 6 7 8 9 10